カテゴリ:けんちくめぐり( 5 )
ヒビヤ花壇
b0033826_17472354.jpg
雑誌で見るとすごく透明感がある建築やなあと思っていた。
が、やっぱり実際植物が置かれてるとそんな印象はまるっきり持てない。
ブラインド下がってたせいもあるやろけど。
一方でその植物が外部にあふれ出すように見えるので、外部でも内部でもないような状態というのは建物に近づくにつれ感じることが出来る。
何かで周辺環境との調和を考えた建ち方を目指した、というような文章を読んだけど、そしてそういう建ち方をしていると思ったけれど、その説明以上にキレイに建っているなあ、と感じた。
センスと言ってしまえばそれまでかも知れんけど。
とりあえずGOOD DESIGN賞の看板がかっこ悪い。

すぐ裏、日生劇場は見学できず。
ほんと神奈川おる間にいっとくべきやった。
b0033826_17474694.jpg
皇居あたりは初めてブラブラしたけど、あの何にもなさは凄い。
滑稽な程の、まわりの密度との対比。
[PR]
by kokepin | 2011-02-03 23:27 | けんちくめぐり
ムサビ図書館
b0033826_16274870.jpg
ということで、年明けから関西にいるわけやが、
所用(一応、仕事)あって関東まで来たので、ついでに武蔵美図書館へ。

構造体と一緒になった本棚が螺旋状に配される建物。
コンセプトは明快で分かり易いけど、螺旋の端っこ、館内の本棚と同じように作られているエントランスゲートみたいなとこが見事に結露してた。
出来た当時から結露しまくってたらしく、何回も工事してるけど相変わらず、らしい(外から見る限り空気の通り道がなさそう)。
ただ、図書館としては居心地が良くて使い勝手もいい、という学生の弁。
中は確かに壮観やけど、やっぱり上部の本棚は使えんわけでただの飾りやねんから(エントランスゲートもそう)何かなーと思う。
けど、それなかったら居場所としての魅力も半減してるやろし、良い悪いの判断が立場や考え方でほんまに分かれるやろな。
外で写真撮ってると、全く知らない建築学科生らしき学生にいきなり「どう思います?」と聞かれ、答えに窮してしまった。


関西に戻ってから、見てないけど見ときたい建築いっぱいあったことに気付いたけど後の祭り。
武蔵美なんていつでも行けるわ、て思てたけどこれからそういうわけにいかんもんな。
ホキなんて千葉やから絶対行かれへんし。
これから関東行く時は計画的にどこかに行こうと思う次第。


b0033826_16454614.jpg
椅子になるはずの階段部分は、誰もおらず。

b0033826_16463735.jpg
工事中。
[PR]
by kokepin | 2011-01-21 21:41 | けんちくめぐり
某所個人住宅
土曜日、ヨネダさんのオープンハウスに。



b0033826_22101969.jpg
外観。第一印象=住宅?

b0033826_2152164.jpg
かなり開放的。壁は一枚たりともない。雨ざらしの外周部はモルタル仕上げ。

b0033826_21521110.jpg
ファサードのルーバーは水道用パイプ。

b0033826_21521937.jpg
「周りの建物の外壁ではじめからインテリアのような空間があった」
言われてみれば、確かに。

b0033826_21522977.jpg
塀とか外壁とか間仕切りとか一般的には当たり前のように存在しているものが全くないので中と外の境界が見当たらない。

b0033826_21524143.jpg
屋根はテント。仮設建築のような佇まい。

b0033826_21525017.jpg
3階の離れは一応、ガラスで閉じることが出来る。




構成は、住吉の長屋にとても似ている。
けれど、その開放的すぎる造りから、受ける印象は全く異なる。

都市との境界、ライフスタイル、住宅の定義、場所の必然性、いろんな論点のあるとても面白い建物。

ただ、面白いからという理由で建てることが出来るわけでは、当然ない。
クライアントの強烈な個性がこういう建築を可能にするわけで、そういうクライアントに出会えるかどうかという運は建築家にとって大事やなというのをつくづく感じた。



それにしても、デジカメの性能の低さにイライラする。
GRかGX、もし試験受かってたらじぶんへのご褒美最有力候補やな。
[PR]
by kokepin | 2009-10-25 22:53 | けんちくめぐり
STITCH
遠景
b0033826_002265.jpg


階段は住戸へのアプローチ
b0033826_003289.jpg


回廊状に見える中庭
b0033826_004761.jpg


うまく隠された機械置場
b0033826_005826.jpg


2Fブリッジ部から中庭
b0033826_01657.jpg


大きい分棟の広い部屋
b0033826_02314.jpg


はじめての千葉さんの建築。

敷地の形状・スケールを生かした、気持ちの良い構成。
1層は細長い庭の両側に長方形平面のユニットがすこしづつずれて並び、
2層は下階のずれて島状になったヴォリュームをつなぎ合わせるようにブリッジのあるユニットが並び、全体として一つながりの建物を形作っている。

端に立って見通すと、建物に囲まれた細長い中庭は建物を地にした回廊として浮かび上がり、
「ああこれがやりたかったのだな」と自然と納得がいく。
そしてそれがイヤらしくもワザとらしくもなく、実現されている。

目新しくも、発見的でもないけど、たしかに「そこにしかない」形式かもしれない。
かつて後輩が「実際に行くととてもいい」と言ってたが、確かにそのとおりだと思った。

で。
大きい分棟はおまけという感じ。
[PR]
by kokepin | 2009-02-22 00:14 | けんちくめぐり
ESC
b0033826_02335100.jpg


これが特に何だというわけではないけど。
[PR]
by kokepin | 2009-01-24 00:25 | けんちくめぐり