カテゴリ:サッカーのこと( 12 )
KING KAZU




かれこれ20年くらい、それなりにたくさんの試合やゴールを見てきたけれど、
そして、都度、声を上げたり、心から感動させられたことはあったけれども、
泣かされてしまったのは初めてのこと。

誰もが期待して、でも、無理かもしれないなと思っていたことを、
決まっていたことのように実現してしまった。
チャリティーマッチとして、これ以上のシナリオはない、ということをやってのけてしまった。

凄い、としか言いようがない。
[PR]
by kokepin | 2011-03-31 03:24 | サッカーのこと
宮市亮


香川もすごいけど、それ以上のタレントを感じる。
森本、伊藤、指宿と十代で海外移籍した選手は多かれ少なかれ期待外れの感があるけど、
こいつはほんとにやってくれそう。
ケガせず成長して欲しい。

あと、何気にこの動画でアシストしてる選手がすごい。
近いうちオランダ代表に入るかも。
ま、エリア、バベルを越えんといかんが。
[PR]
by kokepin | 2011-02-14 21:59 | サッカーのこと
南アフリカW杯の23人
あと一時間くらいで発表の23人予想。

楢崎、川島、西川
中沢、闘莉王、長友、内田、駒野、今野
遠藤、中村(俊)、中村(憲)、長谷部、本田、松井、稲本、阿部、石川、香川
岡崎、森本、佐藤、田中

ジーコなら大久保、玉田は外せんやろうが、岡田さんにはやってもらいたい。
[PR]
by kokepin | 2010-05-10 12:52 | サッカーのこと
第88回全国高校サッカー選手権決勝
b0033826_22281374.jpg

祝日の月曜日、久しぶりの国立。
高校サッカーてのはいつも競技場で見ると泣けてくる。
それにしても、みんなほんとにうまい。
山梨の途中出場の11番加部くんがとても良かった。

いつも決勝後に発表される優秀選手。
神村学園の14番小谷くんが入ってないのはちょっと納得いかない。
youtubeのダイジェストでしか試合見てないけど一番印象深かったのに。

加部くんも小谷くんも2年なんで来年また見れるのを楽しみにしたい。
[PR]
by kokepin | 2010-01-13 23:00 | サッカーのこと
サッカー部、もうすぐ折り返し
土曜日サッカー部同期の結婚式(同じ日別の場所でもう1人結婚式)。
これで5人が結婚したことになる。
前回から1年以上空いたのでほとんどみんなで集まるのは久しぶり。
やっぱりみんなで集まるのは何ともいえずに楽しい。
結婚式が「楽しい」というのも如何なものかと思いもするが、まあそれが一番適した表現になる。
何より普段通じない、サッカーやら何やらのコアな話が自然に出来ることもうれしい。
事務所には文化系の人間しかおらず、話したい内容の10%も会話にならない。
これはけっこうなストレスの原因かもしれないと最近よく思う。
何にせよ、とても良い結婚式やった。

次は来年結婚決まっているのが2人。
ほかに結婚しそうなのが1人か2人か。
それでちょうど半分結婚することになる。
去年と一昨年に結婚したやつには子供が生まれる。
今回の二次会ではかつての宴会部長が酔いつぶれて死に体になることがついになかった。
来年はフットサルでover30カテゴリでの出場も可能になる。

あまり時間とか季節の移り変わりを感じれない生活してるけど、
そういういろんなことで、けっこうな時間が流れていることをしみじみ感じる。
[PR]
by kokepin | 2009-12-17 00:14 | サッカーのこと
グループE
b0033826_23342847.jpg

どこに入っても厳しいのは同じやけど。
ベスト4を目指す、という前提で言えば絶望的ともいえる組み合わせ。
ABCD側やったら強豪国一つ倒せばもしかしてと思うけど、
EFGH側は少なくとも最強豪国を二つ倒さないとベスト4まで進めない。

今年の日本代表は(弱い相手も多かったとはいえ)トルシエ以来、やっと期待できるサッカーをするようになってきていた。
特に最近の試合はこれまでと違って「点をとろうとしてボールをまわしている」のがわかるようになっておもしろかった。
岡ちゃんのはったりもあながち全否定するほどでもないかも、という感じではあった。
それだけに「あーあ」と思わざるを得ない。

皮算用してもしゃーないけど(それが楽しいんやけど)、現実的にはグループ突破も難しい。
カメルーンがスロースタートしてくれればいいけれど。
[PR]
by kokepin | 2009-12-06 00:23 | サッカーのこと
フットサル
去年の秋くらいから事務所でフットサルをしている。
「少しでも運動した方が健康のためにもいいですよ」
とボスに進言し、フットサル部を立ち上げた。
目的は、事務所で建築サッカー大会Aカップ(過去の大会→200720062005)に出場するため。

今日その活動日で、大会にも出ている56FCの方たちと試合したけど、
やっぱりその目的が厳しいことを再認識。

①レベル(ひくい)
②人数(ギリギリ)
③やる気(ほぼ、ない)
つまり全ての面で厳しい。
やはり大きな事務所かボスが研究室もってないと。
あとボスが若すぎて今年から新設されるおっさんルールを満たせない、ということもわかりました。
今年は見送り決定です。。。
[PR]
by kokepin | 2009-05-03 04:07 | サッカーのこと
オレンジカード
b0033826_013686.jpg

これ、どうやろう。
確かに「レッドは厳しいけど、イエローは甘いなあ」というのはけっこうよくある(どっちのカードが出たにせよ)。
ので、主旨としては非常によくわかる。

でも一時退場時間の長さにもよるけど、問題多そう。

まず判断基準を明快にする必要があるから、
おそらくレッドは超悪質、オレンジは故意の後方からのチャージやアフタータックル、イエローは非紳士的行為(シミュレーション、遅延行為etc)、
みたいになるやろう。
そこはっきりしとかんと審判による差が大きくなりすぎるから。
とするとカードでいいから止める=一時退場になるので、非常に困る。
人が一時的にでも減るとゲームの流れに大きく影響してしまうから。
つまり、常に一枚イエローもらってる状況でプレーするのと同じになる。
確かに危ないとはいっても、カードもらって止めるのは失点を防ぐための有効な手段の一つなはずで、
それを規制してしまうことになるだろう、というのはどうだろうか。
上手いファウル、というのは確かにあるし、そういうプレーは豪快なゴールや華麗なドリブルとともにサッカーというスポーツに深みを与えているわけやから、
そこに規制かかるんはなー、と思う。
イエローじゃ甘いファウルがオレンジ導入で厳しくなるのはけっこうにしても、上手いイエローレベルのファウルの罪が重くなるのは頂けない。

あと、キーパーどうするか。
キーパーなんか一番「レッドは厳しいけど、イエローは甘いなあ」というのが多い気がする。
1点もの止めてるわけやからイエローじゃ甘いけど、レッドになるほど危険な止め方でもないやろう、というやつ(ま、行為自体がレッドということやけど)。
まあそれ以外の場面でもとにかくキーパーがオレンジもらったら、ゴールは誰が守る?ってことになる。
時間が経つとキーパーは復帰できるわけやから、フィールドプレーヤーをサブキーパーと代えると数分後キーパー2人、つまり一人はフィールドでプレーすることになる。
かと言ってキーパー帰ってくるまでフィールドプレーヤーがゴール守るのは心許ない。
ということで2人分の交代枠が必要になる。
通常キーパーアクシデント考えて残すことの多い交代枠最後の1つを2つ置いときたいな、ということになる。
自然、交代減ってしまいそう。

そして何より。
見難い。
赤とオレンジは非常に見分けにくい。
昔持ってたレッドカードはほぼオレンジやった。
競技場で、テレビで、見ていてわかりにくくなる、というは大問題と思う。

とまあ、いろいろある。
正直見てみたい気持ちもあるけど。
[PR]
by kokepin | 2009-02-25 00:42 | サッカーのこと
ひさしぶりにむかついたので
いつから日本はあのグループで敗退して「屈辱的」といえるほど強くなったんやろう、と思う。
ほんの10年前までワールドカップ出たこともなかったような国が。

2年以上かけて何ら具体的な戦術を打ち出せない自身の国際経験0の監督と、OA枠を使い切ることすら出来ない無能な協会と、敗戦を審判やピッチのせいにしてしまう選手で構成されたチームに何を望めるのか、ということ。
10回やったら8回は全く同じ結果やろう。おそらく。
屈辱的でもなんでもない、単なる惨敗。

オフト以降の代表しか知らんけど、監督が変わるたびに方向性が変わって右往左往してるわけで、若い世代に限らず、フル代表でも今のあたりが力の限界かなと思う。
ワールドカップには出ることは出来るけど、それ以上は望めない、というあたり。

ワールドカップもオリンピックも、1,2回の出場を逃してでも、そろそろ長期的な方向性を見据えた育成と強化をお願いしたい。

個人的には、メキシコのサッカーは日本が目指すべきモノがあると思ってる。


それにしてもマスコミというのは本当にあほうやな。わかってるくせに。
煽って何が楽しいのか。
[PR]
by kokepin | 2008-08-16 00:04 | サッカーのこと
結婚式
一昨日は大学の友人の結婚式。
というより、サッカー部の飲み会のようになってしまったけど。

先週はいろんなことがあって、今年一番てなくらい気持ちがとても沈んでたけど、この結婚式でみんなに上げてもらって、昔の仲間ってのはほんとうにすごいなと思った。
理屈ではない。こればっかりは。

ほんまに久しぶりに楽しい時間やったけど、あと何回、こういうことがあるかなと思って、そう考えてるじぶんが本当の意味で歳をとってしまったと気付いて、すこし凹んだ。

でも、まあ、めでたい1日でした。
[PR]
by kokepin | 2007-10-09 00:23 | サッカーのこと