カテゴリ:けんちくのこと( 14 )
一夜城、再び。
きのう、発表。
修設組全員、無事、卒業とあいなりました。
論文組も今日終了。
みんなお疲れさまでした。
おれ、やっと学生終わるわ。

b0033826_14315411.jpg

そして、「またか」と思われるやろけど、一晩で建ち上がった1/100模型。
600mm×600mm×4個のでかい断面模型です。

手伝ってくれた人には感謝してもしきれません。
まさしく、卒業させてくれました。
ほんま、ありがとうございました。
お礼はがっつりいきたいと思います。

おかげさまで外部講評に残ったものの、「伝説になる」とか「来年にむけて勇気がでる」と言われるくらいパネルがひどかったので手直しが必要。
なんで、あとちょっと、つづきます。
[PR]
by kokepin | 2007-02-14 17:31 | けんちくのこと
そこにある風景
b0033826_14281858.jpg


ここ最近は帰るのも来るのも、いつも夜中で、いつからはじまったのかわからんのだけど、宮城県スポーツセンターが取り壊されてた。

特に使ったこともなければ入ったこともない、思い入れのある場所ではないものの、当たり前になっていた風景が壊されているのを見るとやっぱり衝撃を受ける。

特に、こういう、一部が壊された場面を目の当たりにすると。


わかってはいるつもりでも、こうもはっきりと見せつけられると、建築の持つ影響力の大きさを考えずにはいられない。
[PR]
by kokepin | 2007-02-06 15:18 | けんちくのこと
公開ぷれぜん
結果から言うと。
二番でした。
正直、めっちゃうれしい。
でも素直に喜びすぎてもあかん内容でして。

昨日は。
いや、もう、ほんとうにひどいプレゼンで。
しゃべることまとまってへんのに、引きが強くて発表順1番。
当然テンパって、例のごとく1回も発表練習することなくぶっつけ本番。
自分でも何言うてるかわからんし、審査員も首かしげてるし、質問に答えられへんし。
プレゼン下手や言われるし、何かが足らんて言われるし。
公開の審査では論議の俎上にすらあがらず。

それでも評価を貰えたのはラッキー以外の何物でもなく。
要はプレゼンで作品の魅力を伝えれたわけではなくて、いいように解釈してもらえたからで、自分でつくってるのにその良さを人に伝えられない、というのは本当に問題やしこれからの課題やし、それが出来んとやってくことでけへん。

一方で。
“絵”の強さは本当に重要だ、ということも再認識した。
おれのやつなんて、むしろそれだけで、でもそれだけでも評価してもらえることもあるわけで。
他の人の想像力を刺激する、そういう“絵”があるのとないのとでは同じアイデアでも全然違ってくる。

“絵”と、実体を伴った魅力を伝えること、そのどちらもがないと、とてもじゃないけど一番にはなれない。
とても当たり前のことやけど、実体験としてそれを経験できたのはおおいに意味があったので、良かったなあと思てます。

詳しくは、しんけんちく3月号をご覧ください。

とりあえず。
メガネ&ケータイ資金げっと。
それが何より嬉しかったりする。


印象に残った言葉。
「建築をつくるものとして、アクチュアルに何を実現したのか、あるいはするのか、それがこれから大事になる」(みやだいさん)
「テーマに迎合せずに、やりたいことをやりきる強い意志がないといけない」(にしざわさん)


ちなみに。
パワポつくってなかったの、おれだけ。
他の人たちにほんと悪い気がする。

ちなみに2。
ギリギリで一次通ったらしい。
ほんま勝てば官軍。
結果がすべて。



さて、論文書かねば。
[PR]
by kokepin | 2007-01-23 01:16 | けんちくのこと
いぇー!
こないだやったコンペ。
一次審査通過しました。
めでたい。
ということで、数ヶ月後、新〇築デビューです。名前だけやけど。

正直、学生長いのにひとつもコンペ入ったことないのちょっと恥ずかしかったんやけど。
最後の最後でひっかかって良かったわ。


そういや久しぶりにけんちくの学生らしいこと書いてる気がするな…
[PR]
by kokepin | 2006-12-19 21:29 | けんちくのこと