黄金時代が現代であったためしはない。
b0033826_0121427.jpg
















ほぼ始発に乗って、遠路はるばる茨城と千葉の境目へ。
例年どおりの、けんちくサッカー大会。

結果、ベスト8敗退。
大会始まって以来、初めてPK以外で負けた。
もう明らかにチーム力が落ちてる。
戦力にならなくなって3年、チームを客観視してるのでホントにそれがよくわかる。
かつての主力がみんな社会人やし。
新戦力が揃ってないし。
ユニの「ヲ」が「オ」になってたし。
いろいろ原因はあるんやろうけど。

個人的に去年より試合に出たけど、満足感は全くなかった。
それは当然負けたから。
このチームは、楽しみながら勝つチーム。
楽しむためだけのチームには、なって欲しくない。
第一回大会から5年、そろそろチームをはなれる時期やと思った(もちろん観には行くけども)。

そんなこんなで、今年からキャプテンになったも〇えさんに、
「カテ〇チヲの黄金時代は終わったな」
と言ったのを聞かれてしまい、おしかりを受けた。
是非、第二黄金時代を築き上げてもらいたい。本当に。

でもまあ、実に意義ある、充実した休日やった。
[PR]
by kokepin | 2007-07-02 00:32 | サッカーのこと
<< マーケティングの餌食 かなしくなること >>