ないものは、つくるしかない。
b0033826_19112588.jpg
ないものは、つくるしかない。サッポロビール

日本のCMは商品ありきで、企業アピールのCMがほとんどない。
だから内容もお粗末でタレント頼みのつまらんのが多くなるんじゃないかと思ってる。
特にこの頃は「続きはwebで〜」みたいな“尺”の短さを諦めたうえに続きを見たいとも思えないようなくだらなすぎるCMが多過ぎる気がする(そういうCMで成功したのは「ライフカード」だけじゃないかと思う)。

そんな中、正月に見た、このサッポロのCMは久しぶりに素直にいいと思えた。
確かに2分と“尺”は長いけれど、企業理念とか方針みたいなものが詰め込まれてて、見てても飽きない。むしろ見入ってしまう。
音楽も耳に残る。
「サッポロの〇〇」というCMではないけれど、サッポロのビールは良さそうだ、と思える(ちなみにおれはもともとアサヒよりキリンよりサッポロが好き)。

広告批評で見る海外のいいCMてのは、みんなこんな感じ。
商品じゃなくて企業を売る。
そうすればなにかを欲しいと思った時、「〇〇の商品にしよう」と思う。
そう思わせてくれるCMがやっぱり日本には少ないなあと思う。
[PR]
by kokepin | 2007-01-08 20:07 | お気に入り
<< 突然よみがえった昔の記憶 あけましておめでとうございます >>