節電
b0033826_2125193.jpg
関東に行くと計画停電でいろいろと大変というのがよくわかる。

街は歩いていて基本的に暗いし、首都高走ってても東京だとは思えない。
電車も本当に予定通りに動いてくれているのかわからん上に空調きってるから異様に寒い。
友人の結婚式が延期になるようなこともあったし、プロ野球はじめスポーツ全般(興行全般)の先行きはよくわからない。

それでも、被災地東北のことを想えばささいなことではあるし幾分かの節電くらいはしようがない、と多くの人は考えていることと思う。
計画停電は関東圏の大規模停電回避が目的ではあるものの、節電してその回数を減らすことは被災地に向けた復旧作業を行う人たちや同じく被災地である茨城のことを考えると一般人が出来る数少ないことのひとつなのは事実だから。

ただ、関西での節電実施は滑稽としか思えない。

関西と関東では電気の周波数が異なるし、送電能力も限られているので、省エネの範疇を超える節電は無意味である、ということは関西電力のHPを見ればわかる。

にも関わらず、照明を落としているコンビニや飲食店が散在し、「東日本大震災の復興のため、節電に協力しています」などと書かれている。

もし震災後に出回ったチェーンメールを何の検証もなく信じているのならバカとしか言いようがないし、世の中(といっても、この場合TVが作り出す状況)のムードに託つけて電気代をケチっているのなら、これほど狡いことはない。

関西は、被災地の方たちには申し訳がないくらい平穏無事な状態にある。
そんな中でむやみに非常事態を匂わせたり、経済活動に影響を与えるような行動はとるべきではないように思う。
コンビニは24時間光を点すべきだと思うし、飲食店は煌煌と店構えを飾ってくれればいい。
そういう、これまでと変わらない日常を過ごすことが、この平穏な関西において出来ることのひとつだと思うのだけれど。
[PR]
by kokepin | 2011-03-29 02:16 | 雑記。
<< KING KAZU 地震 >>