2・6・2の法則
今日は週初めだというのに全く仕事をしなかった。
というより、できなかった。

土曜の夜中にいきなりパソコンがシャットダウンしてしまい、数時間後一度復活したものの、
今日30分でシャットダウン。
どうやらファンが回転しておらず、熱がすぐに溜まってしまってた。
修復に悪戦苦闘しつつカスタマーセンターに都合3度電話。
1人目、2人目の対応は非常に丁寧でどこをどのようにすれば良さそうか、わかりやすかったが修復できず。
3人目電話中に「こうすればいいかもしれない」と思って電話の指示そっちのけで組み立てると直った。
電話口で「こうすれば直ると思うんですが」と既に直ってるのに言ってみると、
「少々お待ちください」の後に「それでは無理ですね。出張か引き取りの修理が必要です。」と言う。
「直ったんですが」というと「それだと直ってないかも知れない」と言う。
しかし現に直っている。別の使ってなかったパソコンの部品を使ってるけどちゃんとアラートも出ず起動した。
「わざわざ修理に出さなくても部品交換で直る、ということでしょう」というとしぶしぶ同意した。
あやうくぼったくられるところ。
3人目が1人目に出てたら間違いなくぼったくられていた。
4万5000円と1700円の差はでかい。

どんなとこにもできない奴は必ずいるもんだ。
[PR]
by kokepin | 2009-03-10 00:22 | 雑記。
<< 小旅行 オレンジカード >>