STITCH
遠景
b0033826_002265.jpg


階段は住戸へのアプローチ
b0033826_003289.jpg


回廊状に見える中庭
b0033826_004761.jpg


うまく隠された機械置場
b0033826_005826.jpg


2Fブリッジ部から中庭
b0033826_01657.jpg


大きい分棟の広い部屋
b0033826_02314.jpg


はじめての千葉さんの建築。

敷地の形状・スケールを生かした、気持ちの良い構成。
1層は細長い庭の両側に長方形平面のユニットがすこしづつずれて並び、
2層は下階のずれて島状になったヴォリュームをつなぎ合わせるようにブリッジのあるユニットが並び、全体として一つながりの建物を形作っている。

端に立って見通すと、建物に囲まれた細長い中庭は建物を地にした回廊として浮かび上がり、
「ああこれがやりたかったのだな」と自然と納得がいく。
そしてそれがイヤらしくもワザとらしくもなく、実現されている。

目新しくも、発見的でもないけど、たしかに「そこにしかない」形式かもしれない。
かつて後輩が「実際に行くととてもいい」と言ってたが、確かにそのとおりだと思った。

で。
大きい分棟はおまけという感じ。
[PR]
by kokepin | 2009-02-22 00:14 | けんちくめぐり
<< オレンジカード 今日のできごと >>