レベルの低い悩み
仕事がらみで評価をされると浮かれてしまって、
今週なんか浮かれっぱなしやったけど、
「それくらい当たり前ですやん、プロやで」
くらいのことを、思わなあかんのにそう思えないのはまだまだという証拠に他ならない。
仕事の、あらゆることに対して「おれはプロや」という、
意識と自信と自覚とプライドを常に持てるようになるには、
まだ相当の時間を要するということがだんだんわかってきた。
本当に甘い。
環境に頼ってしまっている。
そういうものを持って仕事をするのと、ただ能力はあってこなせるということには、
想像以上の差が存在する。
そして前者でないと、後々、本当に良いものはつくれない。
[PR]
by kokepin | 2009-01-17 00:41 | けんちくのこと
<< ESC 二徹といっても合わせて四時間は... >>